トップページ > 総会 > 2009年 新年総会の模様

平成21年(2009年)新年総会

平成21年度 新年総会報告

平成21年度 新年総会スナップ写真

平成21年度 新年総会報告

校歌で始まり応援歌で終わった平成21年度「東京栴檀会新年総会」は色々な感動とドラマにつつまれ、今までに無い盛大な同窓会となりました。

総司会は高18回卒で自ら還暦を迎えた大井和彦氏、それを支える同級生軍団の淑女・紳士(全員還暦者)11名、また新企画「学年最多参加者賞」は高7、13、18回卒が初回の栄光に輝き、「同伴賞」は蘭香代子ご夫妻でした。

圧巻は学帽姿で指揮をとった高13回卒の菅波秀治氏であります。名指揮であった!現役高校生のようだ!(本当は67歳とか)と絶賛の声が聞こえ、これで来年も決まりとか!!また、会場のスクリーン一杯に映写された校歌を斉唱し感動を覚えた同窓生も多数いました。

卒業以来(49年振り)初参加の内城恵之氏の回りには大きなドヨメキが起こり、また初の姉妹参加の純子・泱子さんには「どっちがどっち」とか笑いと感動が渦を巻き特徴ある大会となりました(写真参照)。

ITを取り入れ改革を推進したのはホームページ作成者の高44回卒藁谷至氏で会場から万雷の拍手でその業績を称えられました。

懇親会の立役者は加藤淳子嬢、「少ない予算で最大の親睦」を合言葉に26回卒生で企画・準備した賞品、しかも徹夜・手作りで間に合わせたとか。受付も事前打合せ良く、経験豊富な市川団長のさい配が光り高13回、14回、19回、20回の協力で行われました。冨澤氏自ら参加者のネームプレートを事前作成したことも混乱の無いスムーズな受付が図られました。

副会長の西尾氏から新年総会を企画・推進した役員全員の紹介があり、会は終局を迎え、最後は第一応援歌で締め括りました。勿論指揮は万年青年の名物学生でした(写真参照)。会終了後は、まだ別れが惜しいか同級生ごとに腕を組み、肩を寄せ2次会へと寒風の中へ消えて行きました。ナー皆! 達者でナー! 病気するなよ! また来年会おうや!・・・・

事務局として、ひとつ残念に思えたことは今年、旧制中学卒業者の参加がなかったこと、また一人の参加者もいない学年があることです。私達は老若男女隔たりなく楽しい会にするのが役員の使命と心得ています。会員皆々様のご理解とご支援ご協力をお願いする次第です。

最後に本新年総会に多大な「新春・祝酒」「ご祝儀」ならびに「祝電」を頂戴致しましたことを此処にご披露方々感謝の意を表します。

宝酒造株式会社 様

本部同窓会会長 小山 恒雄 様

双葉高等学校校長 水谷 由克 様

本部同窓会事務局長 富沢 悦郎 様

本部同窓会事務局 太田 英成 様

本部同窓会事務局 横須賀 佳子 様

元衆議院議員 田中 慶秋 様

東京栴檀会会長 鈴木秀夫

東京栴檀会事務局・記

このページのトップへ

平成21年度 新年総会スナップ写真

写真をクリックしますと大きい画像がご覧いただけます。

受付業務の最終確認風景
開会2時間前
打合せ通り[笑顔]と「優しい心」
でお迎えしましょう!
校旗ヨォーシ!垂れ幕ヨォーシ!
マイク・ヨォーシ全て・・・・
役に不足無し!正直、白線2本に
こだわっちゃいましてね・・
独り練習に練習を積む司会者
来賓もビックリ!!
高26回生の手作り賞品
矢島さんありがとう!
徹夜で作った愛情豊かな賞品の山
(予算が不足でね!)
車の長旅でお疲れと緊張のご来賓
ご来賓テーブルを授かる
最長老(高2回卒)と支部長
高3〜5回卒
元気いっぱいの6名次回は
単独ワンテーブルを目指そう!
結束力を誇示する高6回卒7名
不動の最強軍団、高7回卒総計16名
高8〜12回卒唯一女性を立たせる
紳士の集団13名
開会を待つ佐藤和征氏他
高8〜12回卒
民謡歌手、先生、社長
官僚、自衛隊・・・
何でも居る高13回卒
学年単独でワンテーブル確保を
誓う高14〜16回卒
初回還暦賞を獲得し最も
輝いた学年高18回卒11名
定年退職の花束贈呈に感涙する
事務局長と支部長
各学年ワンテーブル確保は
程遠いと諦める高19〜45回卒
校長・大学教授を擁する
博学グループの高20回卒
26学年で11名の混合チーム
高19〜45回卒、この責任は誰?
スイマセン・幹事長で〜す
総司会は東京栴檀会のホープ
大井副幹事長 高18回卒
平成21年度
「東京栴檀会・新年総会・式次第」
老若男女直立不動で校歌斉唱
指揮は菅波氏 高13回卒
西尾氏の開会宣言後校歌斉唱に入る。校歌はパワーポイントとプロジェクターで、また事業報告とホームページ紹介はインターネット接続のON LINEプレゼン。
本大会の目玉。
校歌斉唱で引き締った会を
リードする鈴木支部長の挨拶
本部同窓会小山恒雄会長の祝辞
母校の近況報告に立つ
学校長水谷由克氏
事業・会計・監査報告後
第2部懇親会の司会は
セミプロの加藤氏
乾杯の発声は高2回卒の
元気あふれる渡辺済氏
ゴルフ同好会報告に立つ
荒川純一氏 高7回卒
相談部活動報告にマイクを握る
蘭(あららぎ)氏 高20回卒
最多学年参加賞に輝く
荒川(高7)・冨澤(高13)
広島(高18)の学年代表
初回還暦賞を受賞し挨拶に立つ
松本仁子氏 高18回卒
初回同伴賞受賞の
蘭ご夫妻(ご主人は千葉大教授)と
最年少者植田氏(高45回)
本部事務局の人事異動を紹介する
校長と事務局メンバー
3月末日をもって事務局長退任の
富澤悦郎氏、お疲れ様でした
大会初の姉妹参加
どっちがどっち?
登壇させ各役員の労をねぎらう
栴檀会の要、西尾副会長
会長・校長・13回生を
登壇させ応援歌斉唱で
締めに入る元応援団長
これぞ見よ!
我ら伝統の双高応援の
指揮振りを!
♪♪鍛えに鍛えしこの腕
 振え双葉の健男児♪♪
ご臨席の全ての皆さん
斉唱有難う!!
感涙がこもるフィナーレ・・
ご来賓・顧問の皆さん
お疲れ様でした。(2次会)
本部同窓会会長・校長と
懇親する蘭東京栴檀会副会長
昨年より7名増の106名の参加者とか分るね・・
その理由が!
2次会までリポーターに追われる
高13回卒の現場(現場から東海林アナ・・でした)
小野田陸軍少尉は戦後29年
内城恵之(中央)は49年振り・・・

このページのトップへ

inserted by FC2 system